お知らせ

いつもCOSME MANIAに訪問ありがとうございます!

なんとPCが壊れてしまいましたー!
…現在、メーカーに問い合わせ中ですが、復旧見込みは微妙なところ。

記事にしようと思っていた写真が結構あるんですが、全部データが取り出せない状態なので、撮りなおす気力があればUPしたいと思うんですが、しばらくお時間がかかりそうです。

元PCが直ればいいんですけどねー。

今後のUP予定は、初めてのマキアージュとか、もう手放せないと思った下地に激安の優秀ファンデ。
進化したスポンジに新しいマスカラ2種が愛用品に加わって…などなど記事にしたいものがたくさんなんです。

後々ゆっくり更新していきます。
お待たせしてしまうと思いますが、気長に待っててくださいね*

すぐに直りますように!
posted by: Miki | その他 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

よーじや:あぶらとり紙(通常タイプ・アロエ)&おしろい紙(ルーセント)



丁度1ヶ月くらい前の話になるんですが、実家のある札幌まで行ってきました。
私は神奈川在住なので、羽田空港から飛行機で北海道へ行ったわけですが、行きは時間が全然なくて立ち寄れなかったものの、帰りにゆっくり行ってきました('-'*)

お目当てのお店は、あぶらとり紙で有名な京都のお店「よーじや」。
本店は京都で、オンラインショップが出来たものの、実店舗は関東でも羽田空港と成田空港、ホテルオークラ内のみ。
以前、羽田空港を利用した時に見つけて以来、空港に行く度に利用しています。

よーじやの品を初めて使ったのは、5年前。
新婚旅行で関西へ出掛けた時によーじやの本店でお買い物をしました。

雑誌などでも出番が多い、よーじやのあぶらとり紙。
他の市販されているあぶらとり紙と比較すると高いんですが、一度使うと辞められない良さがあります('-'*)
ホント皮脂はものすごく良く取れるのに、顔がカサカサにならないんですよ〜。
高いけど、コスメポーチには必ず入れておきたい1品です♪
1日中外で過ごす日などに、お化粧直しの際使うようにしています。
毎日使ってたらキリがないから〜(´・ェ・`)

上の写真を見て「?」と思った方は、京都のあぶらとり紙を使ったことがある方かな?

赤い表紙は、羽田空港で販売している通常タイプのあぶらとり紙専用みたいです。

そしてコチラ↓



これは羽田空港店限定で取り扱いされている「アロエタイプ」。
表紙が緑色で、中のあぶらとり紙も薄い緑色をしています。
使った感じの違いは正直よくわかりませんが(笑)、なんとなく緑色が癒されます(*´艸`)





裏や中に英語で説明がされていて、インターナショナルな感じがしますよね〜(笑)
海外にあぶらとり紙ってないのかな?
お土産に良さそうですよね♪

ホントよく取れて、さらりとして気持ちがいいので、使ったことのない方、機会があれば一度お試ししてみてください〜!オススメ♪

そして、今回初めて買ってみたのがコレ↓



おしろい紙。
ルーセントパウダーが付着しているタイプの紙なんですが、ポーチに入れていてもいいかな〜と思って買ってみました。
いつもは、ルーセントパウダーはやや小振りなケースをそのまま入れて持ち歩いているので、これだけコンパクトになったら便利だなぁと思って。
Tゾーンくらいのフォローならこれで充分出来るので、荷物を少なめにしたい時に役立ってます。

お色は私はルーセントタイプを購入しましたが、他にピンクとオークルがあったので、肌色にあわせられるのもいいかもしれませんね♪
でもルーセントが一番無難かも。

どちらもコスパは決して良いとは言えないんですが、質は良いので手放せないんですよね。
何冊かまとめて買ってきましたが、今度なくなった時には、オンラインショップを利用してみようかなとも思っています。
以前「まゆごもりはんどくりーむ」も使ってみて良かったので、今度は一緒に買おうかな〜。

posted by: Miki | ツール | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

白元:めくるコットン(大きめサイズ)



先日紹介していたRMKの買い物は銀座三越店だったんですが、お会計を済ませたBAさんが戻ってきた時、こんな箱を持って帰ってきました。
たまたまプレゼント期間中だったみたいで、1万円以上でいただけるものでした♪

記事のタイトルになっているので、既にお分かりかと思いますが、箱の後ろを見てみると「めくるコットン(大きめサイズ)」



7月に行われた@cosmeのサンクスフェスタでサンプルをもらって、なかなか良かったと思っていたので丁度良かった(*'▽'*)
サンプルは普通サイズのめくるコットンだったんですが、顔全体をパックするには小さいなぁと感じていて、大きめサイズならきっといいんじゃないかな?と思っていたもの。



こうやって写真に撮ってみるとサイズが分かりにくいと思うので…



手に乗せてみました(*´艸`)

ちなみに私の手は子供サイズなので、かなり小さいです。
大きめのイメージだけ伝わるかな?

このめくるコットンは5枚にめくることが出来るんですが、私の顔だと額〜目の上・頬(左右)・口元・鼻の5箇所に使って、顔全体の8割くらいをパック可能です。

最近の私の使い方なんですが、

 1、洗顔後ソンバーユを薄く顔全体に伸ばして5分くらい放置。
 2、めくるコットンに化粧水を含ませ、顔全体に化粧水を優しく伸ばす。
 3、更にコットンに化粧水を含ませ、顔全体をパッティング。
 4、コットン全体に化粧水をたっぷり含ませ、
   額・頬(左右)・口・鼻にコットンをめくって乗せてパックする。
 5、5分くらいパックしたら、コットンをはがして、
   はがしたコットンで顔全体を拭いて浸透させて乳液→クリーム。

こんな感じです。
化粧水は、無印良品の敏感肌用化粧水・高保湿タイプを使っています。
大きめコットンなので、たっぷり化粧水を含ませようとすると結構な量を使う為、安いのを惜しみなくの方が良いと思いますが、これだけでしっとり感がかなりありますよ(*'▽'*)

無印の高保湿タイプ化粧水のテクスチャーが透明なんだけどややとろみがある感じがするので、コットンに含ませるとシートマスクのような感じになります♪
シートマスクより安く、毎日使っても惜しくない感じなので、一度お試ししてみて欲しいですね('-'*)

コットン自体はやや固めなので、たっぷり化粧水を含ませないと肌の摩擦が気になります。
肌の上をするすると滑らせるくらいの感じでたっぷり含ませてみてくださいね。

めくるコットン自体自分で買ったことがないんですが、この1箱で70枚入。
300〜400円くらいだと思います。
コスパもいいし、使う化粧水によってはシートマスク感覚のパックが出来てしまうので、乾燥肌の私には、手放せないアイテムになりそうです。
もちろん、この箱を使い切ったら買いに行っちゃいますよ〜♪

思いがけず気になっていたアイテムを使えて満足でした('-'*)
posted by: Miki | ツール | 22:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

RMK:アイシャドウブラシ&チップ (M)



前回の記事のRMKでチークを購入した時に、「お買い物金額合計が8400円以上だとポーチをお付けしますよ」という話につい乗ってしまい購入したブラシがコレです(;´▽`A``

チーク2つで8000円弱なので、希望額までそんなに差額はなかったんですが、買うならと少しずつ集めているブラシにしちゃおうと思って、こちらのブラシ&チップに決めました。

アイメイクに使うブラシは、RMKのもので既に3種類持っているので、それで間に合うと言えばそうなんですけど、小回りの利くものがあってもいいかなぁということでお買い上げ。

チップは、アイシャドウパレットに付属しているものを使うことが多いんですが、RMKのパレットの場合ブラシやチップが付いていないアイテムが多いので、チップはあってもいいかなぁと思っていたもの。
今年の春に発売されたRMKのトランスルーセントアイズ&チークス(アネモネパレット)のアイシャドウはチップの方が使いやすい感じがしています。



こちらがブラシ側の拡大写真。
毛質は柔らかいけどコシがある感じで、やや平たい形状になっています。
その為細くも広くも使える感じが小回りに良さそうな感じ。
逆に毛の量は少なめなので、ふんわり感は出せないのが残念ですが、ポイントカラーには丁度いいんじゃないかと思います。



チップの方は2種類(MとS)から選択して購入する形になるんですが、私は幅が広い方のMサイズを選びました。
写真を見ていただくと分かるとおり取り外し可能で、別売りのチップと交換が出来るので、毎回洗わなくても大丈夫そう(*´艸`)
どうしてもブラシと違ってチップは1色に1本使いたいので、アプリケーターがあるといいですよね。
近々購入しにいこうと思っているところです('-'*)

チップの方はアネモネのパレットに活躍中ですが、ブラシの方はシャイニーミックスアイズに使うことが多いです*

シャイニーミックスアイズのパレットには、小さなブラシが付属していましたが、結構毛が密になっていて濃く色が乗るので、グラデーションを付けるには、今回紹介したブラシの方が濃淡を上手く調整できる感じがします。

手持ちのRMKのブラシはこれで合計5本目かな?
そろそろアイブロウブラシがくたびれてきたので、買い換える時にはRMKにしようかなーと思っているところです('-'*)

今回この買い物をしたら、思いがけずオマケもいただいたので、近いうちまたご紹介しますね♪
posted by: Miki | ツール | 16:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

RMK:ミスティーク チークス 01 Pink Beige・02 Orange Beige



10月最初の記事は、RMKのチークです(*´艸`)

これ買ったのは確か9月上旬だったと思うんですが、かなり気に入って愛用中。
なので早く記事にしたかったんだけど、なかなか時間が取れずに10月になってしまいました(;´▽`A``

なので今日はまとめて2色ご紹介します♪

上の写真は01 PinkBeigeの方。

RMKのシーズン限定カラーはいつもチェックしているんですが、今回もタッチアップしてみて良かった方を検討しよう〜と思って行ったのに、まんまと2色ともお買い上げ(;´▽`A``

実は今回のパレットは、ビジュアル的にはあまり興味がなかったんです。
シンプルな縞模様のようなグラデーションだったので、遊び心がないかなぁと思っちゃって。
実際に見たところサイズも手のひらに収まるくらいと、想像していたより小さめなんだと感じたのもあったんですけどね。

でも、実力のあるRMKだしという期待感を込めて、サンプルのお知らせをもらっていた銀座三越まで行ってきました♪
いただいたサンプルについては、また後日(*´艸`)



こちらは02 OrangeBeigeのパレット。

左右それぞれタッチアップしてもらって比較してみました。

私の肌色は時々目元辺りを写真をUPしているので、なんとなくこのBlogに訪問してくださっている方はわかっているかもしれませんが、典型的なイエローベースでトーンは明るめです。
今年の夏は結構日焼けしてしまったので、若干トーンは落ち着いた感じもしますけどね。

その為、青みのピンクは苦手カラーなんですが、RMKのピンクって使いやすいんですよねー。
色が絶妙で、どんな肌色の人でも浮かない色が出る感じ。

このチークの使い方は01・02共に濃い色の方からブラシを当ててスーッと全部まとめて色を取って使います。
一番下のカラーがキラキラのハイライトになっています。

これが基本の使い方です。
基本に忠実に使うと結構薄付きですが、2009S/Sの限定だったアネモネ(トランスルーセントアイズ&チークス)と比較すると、発色する方だと思います。
ただRMKらしく透明感はとてもあって、肌からにじみ出たような色合いのチークの仕上がりはさすがだと思いますね。

ピンクのパレットの中央にはオレンジ系のカラーが。
オレンジのパレットは、全体的にベージュというより茶系なイメージが強い感じに見えますが、きつくなく優しいオレンジに発色します。

どちらも一番下のラメ入りハイライトが綺麗なんですが、オレンジパレットの方のゴールドが大人な感じで冬に使えるチークって感じがしました。

私の個人的な使い方は、基本の使い方でベースを作った後、上から3色くらい(あまり細かく拘らずに、笑)をブラシに取り、頬の高い部分にふんわりと乗せてちょっと色を強調し、下2色くらいの明るいカラーをハイライトとしてブラシに取り、スマイルライン(って言うんだっけ?)の頬の盛り上がったところの上部分に円弧を描くように乗せて立体感を作っています。

5色入りでこのお値段と考えたら、お得感がありますね('-'*)

薄くも濃くも自在に操れるチークパレットだと思います。
どちらも肌から浮かない色合いなので、2色持っているとどんなアイシャドウの色でも対応出来ると思います。

RMKのチークは今までもいろいろ買っていますが、その中でも使い勝手が一番いいかも!と思えるアイテムでした♪

ちなみに蓋を閉じた時はこんな感じです↓



私の手は小さめですが、それでもすっぽり収まるくらいなので、持ち運びは便利だと思いますよ。

RMKのチークはベージィミックスシリーズが大変気に入っていたんですが、それを上回るHITでした♪
あくまでも私個人の感想ですが、似合うチークを探したいと考えている方にはオススメしたいですね〜。


この日、一緒にミスティークアイズ03グレーもタッチアップしてもらったんですが、こちらもなかなか予想に反して良かったです!
一重の目元にグレーって重くなりすぎる気がしてならなかったんですが、パレットの見た目に反してすごく透明感と上品なラメ感があるアイシャドウで、華やかな感じに仕上がりました。

同時に発売されたパープルのアイラインと合わせると使いやすそうな感じがしました♪
次RMKカウンターに行ったら買ってしまいそう〜〜。

見た目が濃く発色しそうと思って敬遠されている方、一度タッチアップを試してみる価値はありそうですよ(*^-')b

RMKアイテムはもう少しネタがあるので、また近いうち更新したいと思っています。
お楽しみに〜。
posted by: Miki | ポイントメイク | 16:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - |