コフレドール ジュエルシャスアイズ 02:ピンクトパーズ

JUGEMテーマ:コスメ




気がついたら1ヶ月ぶりの更新でした!ごめんなさいー。
プライベートでいろいろバタバタしていて、ただでさえ落ち着かない師走ながら、今年は恐ろしく忙しくなりそうな予感です。

そんなストレスになりそうな日常でも、メイクをすることでテンションをあげてみたり、スイッチONに出来たりするので、上手に取り入れるように心がけています*
あ、あと美味しいモノもね!

ということで、コフレドールの新作アイシャドウの"ジュエルシャスアイズ" 12月1日の店頭に並ぶ日、並ぶ前の1番で買ってしまいました(笑)
入荷日のはずなのに店頭に並んでなくて、店員さんに聞いたら入ってましたという感じ。
今回予約をしないでの購入でしたが、無事ゲットすることが出来ました。

お色は04:アンバーベージュと悩んだんですが、(01のグリーン、03のブルーも興味アリ)結局ピンクかなーということで02:ピンクトパーズをチョイスしました。

パレットの写真が上にありますが、ピンクという名称は付いていても落ち着いたトーンです。
全体的にグレイッシュな感じの仕上がりになっているので、瞼への色の乗せ方が重要です!

私は目元が一重なので、結構ピンクの使い方を一歩誤ると殴られた人みたいになってしまうので、こういったタイプのピンクは慎重に対応しなくてはいけませんね。

基本的な使い方は、基本の色の乗せ方と同じかもしれませんが、一重の方用?に参考まで私の使い方をご紹介しておきます♪
 

 1) 左上のハイライトカラーをブラシに取って瞼全体に乗せる。
 
 2) 右上のミディアムカラーを目尻の方から目を開いた時に少し見えるくらいに乗せる。
    この色が仕上がりを左右すると思います。
   最初から広く乗せすぎないように注意しながら細めに乗せて、目尻の方だけ少し太めに。

 3) 中央のジュエルシャワーを指に取り、瞼中央にトントンと。
 
 4) 同じく中央のジュエルシャワーを細いチップに取って、下瞼の目頭〜黒目の下くらいまで乗せる。

 5) ペンシルアイライナーでアイラインを引いてから、下の段のシャドウカラーをアイライナーブラシに取り、細めに色を乗せていく。
   このシャドウカラーなんですが、一見ブラウンに見えるんですが、かなりグレーが強いです。
   グレイッシュブラウンという感じなので、ちょっと乗せ方を間違えるとくすんだ目元に見えてしまうと思います。
   自分の目の形に合わせて調整してみてください。
   細いチップよりもアイライナーブラシでシャドウカラーを入れるのは、私個人の定番です。
   太さが自在に調整できるのでブラシで入れるのは便利ですよ♪

 6) シャドウカラーは、下瞼目尻から3分の1くらいにも乗せる。

 
…とこんな感じです。
色合い的には、以前購入したオーブクチュールのクリームシャドウのピーチに近い感じかな。

でも、オーブクチュールの方は、締め色が赤みのやや強めのブラウンだったので、目元に馴染みのいい色で難しく考えずにメイク可能でだったんですが、こちらのジュエルシャスアイズは、引き締め色がグレイッシュブラウンなので、失敗すると目元がくすんだ感じになって老けた印象になってしまいます。

何度か使ってみて使いこなせるようになりましたが、ミディアムカラーやシャドウカラーを目立たせるのではなく、クリーム系シャドウか下地を使ってジュエルシャワーで光で遊ぶという手もひとつかなと思いました。

ちょんちょんと乗せるだけではギラギラになりませんが、乗せ方次第では結構遊べるんじゃないかと思ってます。

このシリーズ、他のお色もグレイッシュなパレットになっているので、どの色を選んでも同じように色を乗せた方がいいんじゃないかなーというのが私の印象でした。


パッケージはちょっとだけ違います('-'*)



四角いモチーフになりました♪

あと、参考…になるかわかりませんが、恒例の使用画像を続きの方に載せておきます。
お見苦しいかと思いますが、興味がある方はポチッとしてみてくださいね。

準備している写真は他にもあるので、時間があったらまたUPしたいと思います!
3月くらいまで慌しくなりそうなので、かなり不定期になるかと思いますが、温かく見守ってくださるとありがたいです。
よろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ




続きを読む >>
posted by: Miki | ポイントメイク | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

デジャヴュ ラッシュノックアウト

JUGEMテーマ:コスメ



最近ベースメイク関連の記事ばかりだったので、今日はポイントメイクの記事で♪
デジャヴュのラッシュノックアウトです。

ずっとDejavu→デジャヴだと思ってたんですが、デジャヴ"ュ"なんですねー!
小さいュが入ることに初めて気がつきました(笑)

ご存知の方も多いと思うんですが、これは見た通りマスカラです。
以前からファイバーウィッグは愛用品だったんですが、ブラシが大きくて太いことが使いにくくて、コンタクトをしている時に使うと繊維が目に入って痛いのが悩みだったんですよね。

マツゲが短い私には、これだけマツゲが伸びるように仕上がるマスカラは好きなんですが、最近はすっかりツケマツゲが定着しまして、毎日のように使っています。
その為、長さよりボリュームなんですよね。

このマスカラはデジャヴュ初のボリュームタイプ♪
ブラシはこんな形になっています↓



ブラシが細くて使いやすいんです!!

私の一重の短いマツゲでも殆ど瞼につけてしまうこともなく塗れていいです♪
ちょっと乾くのが遅いかなーという印象もありますが、乾いてしまえばウォータープルーフのように滲まないし、パンダ目にもならないけれど、お湯でオフ出来るので目にも優しいです。
繊維タイプよりポロポロと落ちるので、メイクオフの時には綿棒などを使った方が綺麗に取れます。
ちょっと手間かもしれませんが、マスカラの機能を考えると苦じゃないです('-'*)

ボリュームタイプにありがちなダマも全くと言っていい程なくて、サラリと付いて綺麗にセパレートしてくれるんです。
いつも金属製のマスカラコームを使っているんですが、使った方がより綺麗に仕上がりはしますが、使わなくても充分綺麗に仕上がります。
時間がない時はコームなしで出かけたりしていますが、仕上がりに不満はないですよ〜。

液がサラリとしているのがいいんだと思います。
ただ、ついでに長さも求めている方にはオススメできません(´・ェ・`)
長さは全くと言っていい程出ません。
ツケマツゲ愛用されている方にはオススメかなーという感じです。

または、私が実際やっている方法ですが、同時発売でリニューアルされたファイバーウィッグ エクストラロングを重ね塗りするのがアリかなと思います('-'*)
これだと同シリーズで喧嘩もしないし、オフも一緒にお湯で落とせるので安心ですよ。

カール力はどちらもないので、カール力を求めている方にもオススメできないかなぁ…。

つけまつげ愛用者で、一重の方にはオススメしたいマスカラです(ずいぶん限定しちゃったけど(;´▽`A``)
ボリュームタイプのマスカラでブラシが細いタイプって今まで使ったことがなかったんですが、これホントに便利です♪
まだ使い始めて1ヶ月弱ですが、既にリピ候補♪

安いし一度使ってみる価値あるかもですよ(*´艸`)
posted by: Miki | ポイントメイク | 22:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

RMK:ミスティーク チークス 01 Pink Beige・02 Orange Beige



10月最初の記事は、RMKのチークです(*´艸`)

これ買ったのは確か9月上旬だったと思うんですが、かなり気に入って愛用中。
なので早く記事にしたかったんだけど、なかなか時間が取れずに10月になってしまいました(;´▽`A``

なので今日はまとめて2色ご紹介します♪

上の写真は01 PinkBeigeの方。

RMKのシーズン限定カラーはいつもチェックしているんですが、今回もタッチアップしてみて良かった方を検討しよう〜と思って行ったのに、まんまと2色ともお買い上げ(;´▽`A``

実は今回のパレットは、ビジュアル的にはあまり興味がなかったんです。
シンプルな縞模様のようなグラデーションだったので、遊び心がないかなぁと思っちゃって。
実際に見たところサイズも手のひらに収まるくらいと、想像していたより小さめなんだと感じたのもあったんですけどね。

でも、実力のあるRMKだしという期待感を込めて、サンプルのお知らせをもらっていた銀座三越まで行ってきました♪
いただいたサンプルについては、また後日(*´艸`)



こちらは02 OrangeBeigeのパレット。

左右それぞれタッチアップしてもらって比較してみました。

私の肌色は時々目元辺りを写真をUPしているので、なんとなくこのBlogに訪問してくださっている方はわかっているかもしれませんが、典型的なイエローベースでトーンは明るめです。
今年の夏は結構日焼けしてしまったので、若干トーンは落ち着いた感じもしますけどね。

その為、青みのピンクは苦手カラーなんですが、RMKのピンクって使いやすいんですよねー。
色が絶妙で、どんな肌色の人でも浮かない色が出る感じ。

このチークの使い方は01・02共に濃い色の方からブラシを当ててスーッと全部まとめて色を取って使います。
一番下のカラーがキラキラのハイライトになっています。

これが基本の使い方です。
基本に忠実に使うと結構薄付きですが、2009S/Sの限定だったアネモネ(トランスルーセントアイズ&チークス)と比較すると、発色する方だと思います。
ただRMKらしく透明感はとてもあって、肌からにじみ出たような色合いのチークの仕上がりはさすがだと思いますね。

ピンクのパレットの中央にはオレンジ系のカラーが。
オレンジのパレットは、全体的にベージュというより茶系なイメージが強い感じに見えますが、きつくなく優しいオレンジに発色します。

どちらも一番下のラメ入りハイライトが綺麗なんですが、オレンジパレットの方のゴールドが大人な感じで冬に使えるチークって感じがしました。

私の個人的な使い方は、基本の使い方でベースを作った後、上から3色くらい(あまり細かく拘らずに、笑)をブラシに取り、頬の高い部分にふんわりと乗せてちょっと色を強調し、下2色くらいの明るいカラーをハイライトとしてブラシに取り、スマイルライン(って言うんだっけ?)の頬の盛り上がったところの上部分に円弧を描くように乗せて立体感を作っています。

5色入りでこのお値段と考えたら、お得感がありますね('-'*)

薄くも濃くも自在に操れるチークパレットだと思います。
どちらも肌から浮かない色合いなので、2色持っているとどんなアイシャドウの色でも対応出来ると思います。

RMKのチークは今までもいろいろ買っていますが、その中でも使い勝手が一番いいかも!と思えるアイテムでした♪

ちなみに蓋を閉じた時はこんな感じです↓



私の手は小さめですが、それでもすっぽり収まるくらいなので、持ち運びは便利だと思いますよ。

RMKのチークはベージィミックスシリーズが大変気に入っていたんですが、それを上回るHITでした♪
あくまでも私個人の感想ですが、似合うチークを探したいと考えている方にはオススメしたいですね〜。


この日、一緒にミスティークアイズ03グレーもタッチアップしてもらったんですが、こちらもなかなか予想に反して良かったです!
一重の目元にグレーって重くなりすぎる気がしてならなかったんですが、パレットの見た目に反してすごく透明感と上品なラメ感があるアイシャドウで、華やかな感じに仕上がりました。

同時に発売されたパープルのアイラインと合わせると使いやすそうな感じがしました♪
次RMKカウンターに行ったら買ってしまいそう〜〜。

見た目が濃く発色しそうと思って敬遠されている方、一度タッチアップを試してみる価値はありそうですよ(*^-')b

RMKアイテムはもう少しネタがあるので、また近いうち更新したいと思っています。
お楽しみに〜。
posted by: Miki | ポイントメイク | 16:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

ロレアル パリ:ダブルエクステンション ビューティ チューブ



私が住んでいる神奈川では、つい数日前までセミが大合唱をしていたのに、すっかり秋の空気になりました。
うろこ雲も見かけるようになってきて、富士山も綺麗に見えるようになってきました。

夏が終わっちゃうってちょっと切ないなぁと思いつつ、涼しくなると化粧崩れもしにくくなるので、今の時期に夏のダメージを回復しておかなくちゃとも思います(*´艸`)

もうちょっと寒くなると乾燥が酷くなっちゃうからね。

今年は毎朝ウォーキングをしていたおかげもあって、黒々と焼けてしまいました( ´△`)
紫外線対策はしていたつもりでも、結構日焼けしちゃうのね。
おかげで体力はついたけど、腕の色がたくましくなっちゃいました(;´▽`A``
早く白くしたいなぁ。


さて、今日はマスカラの記事です*
マスカラって絶対コレ!というのになかなか出会えないんですよね〜。
結構よさげっていうのはリピして使ったりもするんですが、何かしらいくつかの不満が出てきちゃったりして、難しいです。

私がマスカラに求めることは以下のようなこと。

・フィルムタイプでお湯で落とせる(最重要)
・パンダ目にならない
・ダマになりにくい
・出来ればブラシは細めがいい
・ボリュームも長さもカールも欲しい

かなり欲張りです(*´艸`)
全部が叶うマスカラには出会ったことはありませんが、やっぱりフィルムタイプだけは譲れない条件になってますね。

ただでさえ、私のマツゲは短い細い密度がないので、大事に大事にしていきたいんです(;´▽`A``
ウォータープルーフタイプには憧れるけど、マツゲへの負担が大きいのでクレンジングが楽なフィルムタイプを愛用しています。

カールについては、一重なので、目頭近辺は大抵カール持ちません。
素マツゲも直毛なので、カールは最初だけ。
まぁこれも仕方ないかなぁと思うので、最近はツケマツゲでカバーしてます。

長さやボリュームはそこそこあればという感じかな〜。


ではでは、今回購入したロレアルパリのマスカラの使用感を報告します♪

写真を見てもらうとわかると思うんですが、両側にブラシが付いています。
左側「1」の白い方は、マスカラ下地になっていて、右側「2」の赤い方が増すからになっているので、1本で2役とちょっとお得感。
ちなみに価格は2000円でおつりがくるぐらいだったはず。
マスカラって結構使いきる前に乾いて使えなくなってしまうことがあるので、お手頃価格なのも魅力です♪

@cosmeで評価が高めだったのでチェックしていたアイテムだったんですが、実際使ったところ、やっぱりブラシは大きめでちょっと使いづらいかな(;´▽`A``
私の場合一重なので、まぶたに付きやすいんですよね〜。

下地は真っ白ですが、マツゲに付けてすぐにマスカラコームでといて余分な液を取るようにしています。

肝心のマスカラは、色が真っ黒。
しかもツヤのある黒なので上品な色合いだと思います。
こちらもブラシが大きめなので、塗るのは一苦労です(;´▽`A``
下地と同様、塗ったらマスカラコームは必須ですね〜。
重ね塗りも可能ですが、毛先が細くなりにくいので、汚く見えてしまうような気がします。
繊維が入っていないからかもしれませんけどね。

ただ、コンタクト使用時は繊維が入っていない分、目元には優しいと思います。
しかし、ブラシが大きすぎて、コンタクトにマスカラを付けてしまったこともありました(;´▽`A``
あぶないあぶない。。。

マスカラコームが必須なのは、渇きは遅い感じがするものの、ダマになりやすい感じがするから。
塗ったら都度コームでとかした方が仕上がりが綺麗になると思います。

今まで使ったことのあるデジャヴのファイバーウィッグなんかは、繊維が入っているのもあるんでしょうが、繊細だけどボリュームが出て、それでいて長さも出る感じにしあがったんですが、ダマにはなりにくい印象があったんですよね〜。
ただ、コンタクトの時は繊維が入って目が痛い(涙)

なかなかマスカラの特徴を知るまで大変でしたが、色は大満足。
1本で2役なので気持ち的にも満足。

オフする時も、お湯でびっくりするくらいスルリと落とせるので便利です。
モソモソっと、ひじきがするすると取れる感じになるんですが、オフはとてもラクチンです。

ボリュームは出ますが、長さはイマイチかな〜。
マスカラ液がしっかりしているからか、カール力もイマイチです(;´▽`A``

なんて書くと、不満だらけなのかと思われちゃうかもしれませんが、しばらくコレを使ってみても良さそうかな〜なんて気ではいます。
今月発売のメイベリンのマスカラも気になってるので、あちこち浮気しちゃう可能性もあるかもしれませんが、結構コスパ的には良さそうなので、もっと使えるように工夫してみようと思います。

ブラシの不満については、歯間ブラシや使い終わった細いマスカラのブラシを洗って使うという裏技をビーズアップで見かけたので、チャレンジしてみようと思ってます(*'▽'*)

マツゲは私の永遠の課題だなぁとつくづく感じる今日この頃。


今日もダイソーで2個新しいツケマツゲを買ってきちゃいました。
いろいろ使って一番しっくりくるものを探し中〜。
ナチュラルなのは2番なんだけどね。

まだネタはあるので、また近いうち更新したいと思います。
posted by: Miki | ポイントメイク | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ジルスチュアート:リップラスター 19 pure cherry



久しぶりにグロス購入したので更新しちゃいます♪
購入したのは先月なんですが、既に出番多し。

タイトルの通りこちらもまた久しぶりのジルスチュアート。

ジルでのお買い物は2回目。
初ジルは大人気のミックスブラッシュコンパクトでした*
このチーク、本当に可愛らしい頬にしてくれるので、今日は女子らしくかわいくいたい!と思うメイクの時に大活躍です。
やっぱりいつまでも女子の心は持っていたいんですよね〜。

私の場合、ポイントメイクに重点を置いているのはアイメイク。
ということで、何度かこのBlogでも書いているように思いますが、リップはあまり興味がないというか、目元に力を入れている分、口元は主張しないものを選ぶ傾向にあるので、あまりこだわりがないんです。

そんな私が久しぶりに買おう!と思い立ったのがコレ。

チークを買った時につけてもらった記憶があったんだけど、結構昔の記憶。
でも良かったな〜と感じた印象だけあったんです。

たくさん色がある中で、BAさんと相談して今回決めたのは使いやすそうな19番。
お色の名前がpure cherry
ピュアだなんて、私とは縁遠い言葉になりつつありますが、やっぱり女子的なピンク色にはそそられますよね〜。

つける部分はチップタイプでこんな感じ。



しっかりしていて付けやすいです。

テクスチャーはかなりねっとり系。
その為、持ちも良い方じゃないかなと思ってます。

私が選んだ色は、淡い色なので色がハッキリでるわけではないんですが、口紅不要で自然な感じの色合いに仕上がります♪
唇の色を活かした感じの使い方だと、人によって色の出方が変わってくると思いますが、この19番なら誰が付けても失敗しない色じゃないかな〜と思いました('-'*)

ちょっと悩んだのが13番pink shell。
色が付くというよりツヤ重視の感じの仕上がりなんですが、これも使いやすそうでした。

リップモノって必要最低限くらいしか持ってないので、あまりテンションが上がることがないんですが、これは久しぶりにテンションアップしましたね〜。

やっぱりジルのカウンターに行くと可愛さでわくわくします。
場違いかも…と思いつつ(笑)、姫な感じに囲まれている幸せ感はなんとも言えないですね。

他メーカーでも同じようなタイプのリップアイテムはありますが、可愛らしさと機能性を兼ね備えたこちらは、久しぶりにリピしたいかも〜!と思えるアイテムでした*

他の色も欲しいなぁ。
posted by: Miki | ポイントメイク | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ルナソル:レイヤーブルームアイズ 03(Purple Gradetion)



あっという間に9月ですね。
今日のお天気は曇り空ということもあってか、すっかり秋のような空気。
じりじりと照りつける太陽も今日はお休みで、ウォーキング日和でした。

UPしていない写真がいくつかあるので、ちょこちょこ記事にしたいと思っています♪

今日は久しぶりのルナソルです。
ルナソルでの買い物は少し前にもアイリッドベースNを買いに行ったりしていたんですが、リピ品なので記事にはしてないんですよね〜。
ホント、アイリッドベースなしではアイメイクは仕上げられないと思ってしまう程の愛用品です。
薄く塗っても目元のくすみが一掃されるので、まだ使ったことのない方は是非一度お試しを♪

この時期と言えば、新作発売ラッシュの季節だったりするんですが、私も例に漏れずルナソルには新作チェックに行ってきました。

2009A/Wの新作は雫星浄化でスターシャワーアイズという深い色合いのキラキラアイシャドウが出ていたんですが、色が濃い目だなぁ〜ってちょっと思ってたんですよね。

数年前の私なら飛びついていたと思うんですが、最近どちらかというと淡い色合いやナチュラル志向な気分なので、ドキドキしながらも右目にスターシャワーアイズの01(Start of night)、左目には以前から気になっていた2009S/Sの商品レイヤーブルームアイズ03(PurpleGradetion)をタッチアップしてみました。

BAさんの塗り方もあるのかもしれませんが、ルナソルのピンクは失敗しないだろうと思っていたものの、スターシャワーアイズのピンクはダメでした(;´▽`A``
殴られたみたいな腫れぼったさが気になってしまってNG。

逆に左目に使って見たレイヤーブルームアイズの目元がクールで綺麗に仕上がっていたので、今年3個目のパープルシャドウを買ってしまいました(*´艸`)

今年はパープルしか買ってないんじゃないかなぁ…。
ちょっとだけゴールド買ったけど。

レイヤーブルームアイズ03は"藤"の花の色として別名があるのですが、本当に日本人らしい上品な紫色です。
見た目より色はハッキリ出ません。



,鮖悗狽杼澗里望茲察↓△鬟▲ぅ曄璽襪豊をアイホールの半分くらいを目安に乗せて、い把めています。

箱の内側に書かれている使い方は、,鮖悗狽杼澗里豊をアイホールにい鯆め色にして、△浪錫柩僂砲覆辰討い燭隼廚い泙后

実際の見た目より優しく発色するので、とても上品なフォーマルな感じの目元に仕上がります。
右下い猟め色は、青みのグレーという感じの色合いで、スモーキーな感じになっています。
その為、目のフレームをしっかり引き締めてくれるのでデカ目効果もあると思います♪

今年のA/Wはスモーキーな目元が流行るようなんですが、ちょっと濃い目の色合いは抵抗あるなぁと感じていたんですが、締め色だけグレーを帯びた色なら使いやすそうですね♪

一応春夏向きでの発表されたアイカラーですが、充分これからの季節にも活躍できそうな感じがしました。

やっぱりルナソルな大人の上品さがありますね〜。

今年購入したパープルのアイシャドウは、春のRMKの限定品、コフレドールのカラーミキシングアイズと今回のレイヤーブルームアイズがあるんですが、RMKは透明感重視の優しい感じ、コフレドールは白っぽくてシルバーの要素のある元気でクールな感じ、ルナソルは、女性らしい上品な感じとそれぞれ印象が違いました。

昔からパープルのアイシャドウは好きなんですが、フォーマル向きのような気がして、アトリエ仕事が中心になっている現在はちょっと敬遠してたんですよね。

しかし、使ってみるとやっぱり私はパープルシャドウが好きなんだな〜って実感しちゃいますね。

女らしい目元にするにはうってつけの色なので、秋に似合う色でもあると思いますし、ガンガン使っていくつもりです♪

益々メイクが楽しくなっちゃいますね('-'*)




いつも通り続きには使用画像UPしていますので、覚悟の上参考までに宜しければどうぞ〜。



続きを読む >>
posted by: Miki | ポイントメイク | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

コフレドール:アイカラー (PK-45)





7月下旬に購入していたアイテムですが、やっと登場です!

@cosmeのサンクスフェスタで見かけて以来、とっても気になっていたポイントアイテム。
以前の記事にも書いてましたよね。

一応、8月1日発売と書かれていましたが、いつものことながら発売日の1週間〜10日くらい前には余裕でお店に入荷してるんですよね。
ちなみに私がよく買い物をするコフレドールの取扱いがあるお店は、イトーヨーカドーのBAさんのいるカネボウカウンターです。

単色カラーって、ごくごくたまにしか買わないんですが、サンクスフェスタで行われていたカネボウのステージイベントでモデルさんが付けていて、とっても可愛かったんです!(モデルさんが(*´艸`))
そこで使用していたカラーというのが、この単色アイカラーのシャイニーカラーのPK-45とシャドウカラーのGY-37だったんですね。

全部で16色あるものの、やっぱり注目はその2色でした♪
実際イベントで見ていたカラーと、自分の手の甲で試したカラーは全然違っていて(;´▽`A``
ピンクは想像以上にキラキラ!
グレーの方は締め色というよりはグレイッシュな影を作るだけくらいの色なので、締め役には物足りない感じでした。

他のお色もホワイトやゴールドは使いやすそうと感じましたが、結構持っている感じだったのでスルー。
今回注目していたグレー(GY-37)も、手持ちのアナスイの単色グレーでカバー出来そうだったので購入には至りませんでした。

そこで、手持ちにないカラーということでPK-45のみ購入しました('-'*)

が、この日は(も?!)つけまつげをしていたので、アイメイクのタッチアップは面倒かな〜〜〜と思ってしまって、1つ1,000円という手頃さもあって目元で試さずにお買い上げしてきちゃったんですね。

もしこれから買おうかなと考えている方は、是非タッチアップしてみてから購入して欲しいです。

実はちょっと購入したことを後悔しちゃいました(;´▽`A``

このピンク、実際付けるとピンク感はほぼありません。
ただ、何も付けていないところと比較すると、ほんのりピンクに見えるかな?という感じのお色です。
そしてキラキラ!の元であるラメなんですが、グリーン〜オレンジ系に光って見える(光源によって見える色が違うかもしれません)偏光ラメになっています。

コフレドールのポスターで柴咲コウちゃんがしているメイクを再現しようと思っても、結構派手目な目元に仕上がってしまうのです〜。

考えようによってはパーティメイクにはもってこいなのかも。

購入後最初に試してみたのがコウちゃんメイクの再現だったんですが、それではちょっと私の一重瞼には似合わない感じでした(;´▽`A``
そして、ラメが激しく飛び散るので、アイベース必須ブラシNGですね。
私は一番ラメを飛び散らせずに瞼に乗せられる方法として薬指を使用しています。
チップでも量が多いと飛び散ると思うので指がいいと思います。

サンクスフェスタでMAさんも指でモデルさんに使ってました。

で、せっかく買ったばかりの珍しいアイカラーをどうにか活用出来ないかと、いろいろと試してみたところ、今現在私が一番しっくりきてるパターンが、オーブクチュールのクリーム&ライナーシャドウ 01ピーチをベースに、瞼中央を目安にアイカラーPK-45を指で優しく乗せる方法。

色が喧嘩せず、肌馴染みが良くなってラメの量もある程度調整できるので、休日の遊びメイクにはOKじゃないかなと思ってます。

本当にラメが顔中に飛び散るので、アイカラーを指に取る時も乗せる時も優しくがコツだと思います。

締め色には、ことしの秋冬の流行がグレーなので、流行りに乗るならグレー系のカラーで。
あとは普通にブラウン系でもいいと思います。
ナチュラルに仕上がるのはやっぱりブラウンですよね〜。
ブラックだときつくなりすぎるので、締めるならやや濃度の調整が可能なグレーかなと思います。
淡すぎても締め効果は得られませんが、濃すぎてもきつい印象になりがちなので、微妙な表現ですが、濃すぎず薄すぎない程度のグレーがベターかな〜なんて思いました。

最近は、結婚式のお呼ばれなんてのも減ってきた年頃なので、パーティー形式の出席イベントがないんですが(汗)、照明のしっかりした会場でのイベントなどで、ラメ効果を発揮出来る珍しいアイカラーかな〜なんて思ってるので、機会があったら使いたいですね。

とりあえず、私の場合はフリーランスで仕事をしているので、かなりメイクは自由でやってます。
OLさんにはオススメしにくい感じですが、私は割り切ってクリームシャドウだけで物足りないな〜って時の遊び用に使うことにしました。

実は、前回のつけまつげ記事の着用画像で目元に使っているのがコレなんですが、写真じゃ全然わかりませんよね?
ピンクの色もラメもほとんど写真では伝わらないので、今回は使用画像未掲載です。

良い点は手頃な価格だということ。
単品ながらケースもしっかりしているので、持ち運びも便利。
色合わせの楽しみが広がること。
手持ちのパレットに何か1色を足すだけでもバリエーションが広がって楽しみも増えます。

今回の私の反省点は、やっぱりコスメはタッチアップ必須かな〜ってこと。
アイカラーは特に店頭じゃないと試せないことが多いので、面倒と思うことも多いと思いますが、それでも試してから考えた方が良いと思いました。

タッチアップ前提で出掛ける時は、つけまつげを付け直す気で行くか、付けないで出かけないといけませんね(;´▽`A``

posted by: Miki | ポイントメイク | 00:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

コフレドール:ジューシーメモリールージュ(PK-244)



7月ですねー!
今日も梅雨空の関東です。
6月中に記事をUPする予定が、仕事の予定が押してしまって今頃になってしまいましたたらーっ
読み返すとそんなことが多々あるので、どうかのんびりお付き合いください。

今回の記事は、前回のアイシャドウと一緒に購入した口紅です。
コフレドールのリップは2本目。
唇が荒れやすいので、普段はグロス→口紅という順番で使うことが多いんですが、
前回(もう2年前ですね〜)初めてコフレドールの口紅を購入した時
透明感と艶があって荒れにくいのが気に入って、今回も一緒に買っちゃいました。

お色は今回も柴咲コウちゃんの使用色PK-244です。

普段からアイメイクには結構力を入れている分、リップメイクは適当にしがちなんです。
どんな色のアイメイクでも合わせやすい無難な色を選ぶことが多いんですが、
今回チョイスした色は、ちょっと明るめの元気なピンクひらめき

…と言っても、コフレドールのサイトのコウちゃんの写真を見るとわかりますが、
自分で感じているよりも派手すぎない感じのピンクです。

普段どれだけ控えめな色を使っているかがよーくわかりますたらーっ

パッケージは定番のシルバーカラーですが、デザインがちょっと変わって長くなっていました。
形状も細長いので、リップブラシを使わなくても付けやすいと思います。
私の場合、リップブラシで付けたり、直接付けたり、指で伸ばしたりと、
その日の気分で仕上げが違いますイヒヒ

付け心地は、やっぱりするすると伸びて軽くてしっとりしますニコニコ
持ちはそんなに良い方ではないと思いますが、
私の場合、どんなに持ちが良いと言われていても結構落ちてしまうことが多いので、
持ち<<<付け心地が優先順位です。

カウンターでタッチアップしていただいた時には、新発売のコントロールリップベースを使ってもらいました。
コンシーラーやファンデーションなどで唇の色を抑えると、
持ちも発色も良くなるのは充分わかっていたんですが、
乾燥に勝てなくてそのテクは使わずにいたものの、
このリップベースはわりと乾燥は気にならなかったように思います。

顔の紫外線予防はいつもしていますが、唇ってあまり気にしたことがなかったんですよね。
BAさんとお話をしていたところ、唇の荒れや乾燥は紫外線の影響があるかも?ということだったので、
このリップベースはSPF11、PA+とUV対策が出来るようなので興味のある1品です。

続きに実際に付けた写真を掲載していますので、
興味のある方はポチッとしてみてくださいね。

アイシャドウ&口紅を購入して、かわいいプレゼントをいただいたので、
今度また改めて別記事でご紹介します。



続きを読む >>
posted by: Miki | ポイントメイク | 09:20 | comments(4) | trackbacks(0) | - |

コフレドール:カラーミキシングアイズ 04 ラベンダーパープルミックス



今年に入ってからずっとパープル系のアイシャドウが欲しいな〜と思っていたんですが、やっと購入しましたラブラブ

迷っていたのはルナソルのレイヤーブルームアイズ03のパープルグラデーション。
どちらもカネボウなんですが、アイシャドウはカネボウ優秀ですね♪
すっかり虜になってますポッ

ルナソルのパープルは大人のパープルで、しっとりした感じがしたんですが、今回購入したコフレドールのラベンダーパープルは、カジュアルにも通用する感じがする愛らしいパープル。

OL時代はパープル定番でよく使っていたカラーなんですが、最近はそこまでかしこまることがなかったので、落ち着いた色ばっかりでした。

名称の通り、パレット上部の2色を混ぜて使用出来るというのが売りのコスメなんですが、別々に使ってグラデーションを作って使うのももちろんアリ♪

カウンターでタッチアップしてもらった時は、今回発売になったアイクリアアップベースのオレンジをベースに使ってもらったんですが、パッケージ・サイズ共にルナソルのアイリッドベースみたいな感じ。
ルナソル愛用中なので、今回は見送りましたが価格的にはコフレドールの方がお得なので、アイシャドウベース初心者には良いかもしれませんね。

コフレドールのアイシャドウは、デビュー時の3Dライティングアイズ以来。
3Dライティングアイズは未だに愛用中ですラブラブ
特にピンクは使いやすいし、目元が明るく仕上がるので出番が多いです。

カラーミキシングアイズと比較してパッケージが同じだと思っていたら、ちょっとだけ違いました。



左のパッケージが3Dライティングアイズ。
右のパッケージが今回購入したカラーミキシングアイズです。
この間に発売されたアイシャドウは持っていないんですが、全部違うのかな?
パッと見た感じではわかりませんが、とりあえず区別は出来そうです。


今回タッチアップしてもらった時の使い方は以下の通りです。

1)アイクリアアップベース(今回はオレンジでしたが、ホワイトだとパーリーに仕上がるみたいです)で瞼の色を整える。

2)パレット下段左側のハイライトカラーを瞼全体に乗せて明るくする。

3)パレット上段左側のシルバーパープルを目頭から瞼中央まで入れる。

4)パレット上段右側のラベンダーパープルを瞼中央〜目尻まで入れる。

5)パレット下段右側の深いパープルを細く入れ締める。

6)フルキープジェルライナーのDB-04でアイラインを入れる。

…と、ここまでしていただきました。
下瞼については今回何もしなかったんですが、
私個人が使う場合は…、

下瞼全体に細くハイライトカラーを入れる。
目頭側から黒目の下くらいまで上段左のシルバーパープルを入れる。
目尻側から黒目の下くらいまで上段右のラベンダーパープルを入れる。
目尻側から3分の1くらいまで下段右の締め色を入れる。

という感じになります。

今回購入しませんでしたが、フルキープジェルライナーのラメ入りブルーは、ラメがグリーンで、ブルーグリーンの雰囲気になります。
意外と紺もグリーンも合わせる色を選ばないカラーなので、あると便利だな〜と思いました♪

ジェルライナーの持ちがいいのは知っているものの、ブラシの管理が面倒で(キチンと使わないと筆がボソボソになっちゃいますよね〜)最近はあまり興味がなくてたらーっ
私は手持ちのルナソルのジェミネイトライナーのブルーを使っています。
リキッドアイライナーですが、筆にコシがあって細いので描きやすく持ちも良いので愛用しています。
カジュアル使いなら、ペンシルライナーで充分ですけどね。
ペンシルライナーはブルジョワ愛用中です。

上記のタッチアップ手順を見ると気付かれると思いますが、今回は縦割りグラデーションで仕上げました。
これだと立体感が出やすくていいですよね。
すっかり定番の使い方になりました♪

上段左のシルバーパープルは艶重視、右のラベンダーパープルは色重視という印象でした。
その為、ミックスして使うことで、光の加減で艶と色が見え隠れする仕上がりになります。

ミックスする時は、パレット全体で混ぜてしまうと他の使い方がしにくくなるので、色の境目辺りで控えめにミックスして使うのが良いということでした。

締め色はわりとマットな印象なので、ラメ感が欲しい時にはアイライナーで遊ぶといいと思いますよポッ

久しぶりのパープルでしたが、かなり好感度UPです。
私が行ったカウンターでは1番人気のカラーだったようで、意外でしたけどね。
モデルカラーではないので、パープルは人気ないだろうなぁ〜って思ってたので。
ブルーグリーンミックスもかわいいんだけど、飽きちゃいそうでたらーっ
でも夏!という感じがするのはブルーグリーンミックスですよね。


さて、最後は恒例の使用写真です。
興味のある方のみ続きをどうぞ〜。


続きを読む >>
posted by: Miki | ポイントメイク | 09:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

オーブクチュール:クリーム&ライナーシャドウ 01(ピーチ)



もっと早く更新するつもりが1ヶ月経過しちゃいましたたらーっ
前回の記事と写真が変わらない感じがすると思いますが、お色違いです。
ホワイトゴールドがなかなか良かったので、気になっていたピーチも購入しました♪

いざ買おうと思ったら一番人気の色で、4件くらい周ってやっとゲット。
ピンクやグリーンも気になったんですが、アイベースとしての役割もしてほしいなぁというところを考えると肌馴染みのいい色の方がいいんですよね。

ピーチはこんな色。



ホワイトゴールドの写真と比較してみると、違いがわかりますよね?

数色ある中で、最初ピーチには興味がなかったんです。
自分が使うならっていうこと前提なんですけどね。
肌馴染みが良すぎてアイメイクした感じにならないんじゃないかと思って。

でも視点を変えてベースとして考えた場合、これくらい馴染みがいい色の方が使用頻度は多くなるかもと思ってチョイスしました。

ピーチは、見た目地味な感じがするんですけど、肌との色の差が少ないので、くすみも一掃してくれる万能カラーです。
パウダーの方は、赤みのブラウンですが赤すぎないので締め色の役割はちゃんとしてくれますよニコニコ

私の場合ベースとして考えて購入しましたが、単品で使っても意外と良かったので普段のご近所用にホワイトゴールドと使い分けて楽しんでいます。
お出掛けする時には、ベースとして違うアイシャドウと組み合わせても使っているので一石二鳥♪
いい買い物をしましたラブラブ

恒例の続きの方に実際シャドウ+ライナーのみの写真を掲載しているので、良かったら参考にしてみてください。

でも既に店頭にはなさそうですよね〜。
限定だったしたらーっ

ピーチをベースにする時は、ピンク系のアイシャドウか赤みやピンクが含まれたベージュブラウンを合わせることが多いです。
艶とグラデーションに深みが出ていい仕上がりになりますよ。

最近また数点コスメを購入したので、近いうちに紹介出来たらいいなーと思っています。
良かったら期待せず時々遊びに来て見てくださいね。

次回は大発表付きの予定ですイヒヒ
そんな大袈裟なことじゃないかもしれませんケド、私にとってはすごい大当たりだったので♪ふふ。
ちょっと先延ばししちゃいますが、詳細は改めて。


では続きの方は興味のある方だけどうぞたらーっ
続きを読む >>
posted by: Miki | ポイントメイク | 18:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - |