おぐねーのビューティー3分メイキング(1月23日)

今週もくちコミ☆ジョニーテレビのおぐねーコーナー見ましたよイケテル

今回のメイクのお話は、簡単で綺麗に出来る化粧直し術結晶
どんなに丁寧にメイクしていても、やっぱり時間が経ってくると小鼻やほうれい線のファンデーションのヨレやアイシャドウのくすみが気になりますよね。
本当なら一度部分的にオフしてからファンデーションを塗りなおすのが一番なのはわかっているんですが、目からウロコなテクを紹介されていたので、紹介しておきますねニコニコ

1.コットンにリキッドファンデーションを出す。
2.リキッドファンデを馴染ませたコットンで直したい部分を拭き取る。
3.あとはお粉でベースを整えるだけ。
4.ポイントメイクなどは1〜3の後に通常通り色を乗せます。


あまり時間がないんだけどお直ししたい〜!って時に、出先のお手洗いなどでささっと出来ると思いました♪
リキッドファンデはいつも使っているものとか肌色に合ったものを持ち歩くといいですよね。

おぐねーは、IPSAのエッセンスイン リキッドファウンデイションを使っていたようで、プッシュ式のボトルでした。
口の広い瓶型のリキッドファンデを使っている方には持ち歩き不便だと思いますが、お直し専用に少し手軽なものを用意していてもいいのかもと感じましたニコニコ

このテクは撮影時のお直し等に使っているそうです。
紹介していた時にはモデルさんのアイメイクを落としていたんですが、アイシャドウは落ちているのに綺麗にファンデーションが乗っていてびっくりしましたひらめき

今度から実践してみる予定です♪
posted by: Miki | テレビ | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

くちコミ☆ジョニー:おぐねーのビューティー3分メイキング

時々見ているテレビ番組テレビ【くちコミ☆ジョニー】というのがあるんですが、毎週水曜日に「おぐねーのビューティー3分メイキング」というコーナーがあるんですね。
(キューピー3分クッキングの感覚で読んでねイヒヒ
その中で使えそうなテクがあったので覚書ついでに書いておきますニコニコ

ちなみにくちコミ☆ジョニーって関東ローカルかも?汗
それより夕方からやってる番組なんで見る機会少ないかもね。
我が家は水曜日が結構お休み多いんでちょこちょこ観てます。

さて、おぐねーが紹介していたテクというのは小顔に見えるチークの入れ方
シェイディングとか抜きで、チークで小顔を作ります。

手順は簡単!

1.ニコッと笑った時に一番高くなるところが始点で真横に耳まで。(両頬)

2.1と始点は同じで目尻の脇を通ってこめかみまで。(両頬)

3.チークは付け足さずに顎にブラシを下から上に向けてつける。



あまりチークを入れる場所を考えずにきちんと出来るテクだったんで便利です。
目尻〜こめかみを抜けるチークは以前IKKOさんがブルーのハイライトでやっていた目元が上がって見える効果も見られるんで、顔全体が引き締まって見えるのかな。

真横に1刷毛・斜めに1刷毛で綺麗にチークが決まるんでオススメかもポッ
私にとってナルホドと思ったポイントは、顎につけるチーク。
これは以前から実践していたんだけど、顎の下から上に向けて付ける事が自然に仕上げるコツみたいですひらめき
早速昨日から実践してますー♪

ちなみにおぐねーのコーナーはこの番組の他に土曜日の朝にフジテレビ系でやってる【うふふのぷ】もチェックしてますよ♪
おぐねーのコーナーの他に料理研究家のこうちゃんのお手軽レシピが見られるのもいいのよね。

かなりテレビっ子なの丸出しだわ〜。
でもテレビ好きラブラブ
posted by: Miki | テレビ | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

おネエ★MANS(5歳若返るIKKOさんのハイライト術)

日本テレビで火曜日に放送中の【おネエ★MANS】テレビジョン
今のゴールデンタイムに放送になる前から、結構好きで家にいる時は殆ど観てましたおはな

観た時に紹介されたコスメはチェック赤い旗しているんですが、この私のBlogへの検索ワード鉛筆で「IKKO」「ハイライト」「筆」「ブラシ」などで訪問されている方が多い様なので、参考になればと思い、放送の内容とその時のコスメについて等書いておきます。

IKKOさんが5〜10歳若返るハイライト術を紹介していたのは、2007年11月6日放送のおネエ★MANSテレビジョン
その時の番組紹介はコチラ
番組紹介ページの下の方にIKKOさんメイク講座として掲載されています。
テレビテレビジョンの画像なので粗めですが、雰囲気は伝わるんじゃないかと思いますニコニコ

目元が引き締まっていると若くひらめき見えるというのがこのハイライト術のすごいところなんですが、若い人に見られる青い光結晶と角度、入れる位置がコツのようです。

以下ポイントをまとめてみましたポッ
1.平たく先が丸くなっているタイプのブラシを使用。
2.淡いブルーのハイライトを使用。
3.目尻から約45度の角度からスタートし、くの字に入れる。


番組ページにも書かれていますが、この時紹介されていたのがケサランパサランのフェイスカラー49番青い旗
ペールブルーのパウダーです。
※番組の商品紹介にはフェイスパウダーと書かれていますが、正式にはフェイスカラーです。
商品画像はコレdown




放送後、私も気になっていつも行くパウダーパレットのカウンターへ行ったらGO!、オープン後3分で品切れしたとのことムニョムニョ
そして次回入荷予定は予約優先で1月上旬くらいからとのことです。
先日帰省した時にも地元のカウンターへ行ってみたんですが、こちらも品切れ状態汗
入荷についてはやはり1月くらいになりそうとのことでしたポロリ
ちなみにネットショップなどでは予約販売で早ければ12月20日くらいから順次発送というところもあるようなので、探してみるといいかもしれません。
また、Yahooオークションで数件見かけたので、試してみたい方にはいいかもしれないですねニコニコ

私はいろいろと考えた末、手持ちのもので何か代用が出来ないかなと思い、ペールブルーとはまた違うけれど、青い光を感じる同ケサランパサランのピュアパールヴァリエ限定のS2のパープルを使っています。
ペールブルーのハイライトとはまたちょっと違うかもしれませんが、青みの光がさり気なく輝いてこれでも目尻がキュッとした印象に仕上がりましたラブラブ
ピュアパールヴァリエは定番品でも数色出ているんですが、ブルーバリエーションがないので、持っていない方は実践しにくいですよね汗

急がなければフェイスカラー49番は定番品なので確実に入手出来るとは思いますが、同じような色でやってみたい!という方にオススメなのが、ワトゥサのニュアンスカラーズのアジュール
正直なところ、現在購入出来る店舗がかなり限られているので、都心の方限定かもしれませんが汗
このニュアンスカラーズは4色あるんですが、4色セットならコチラで買えそうです。

ケサランパサランとの共通点というのは、プロデュースがメイクアップアーティストの結晶渡辺サブロオさん結晶という点。
ケサランパサランの方は立ち上げ当初の話で、現在はタッチしていないかと思いますが、一見地味なんだけど使える色がたくさんあるのは名残があるからですよね。

ワトゥサは、渡辺サブロオさんプロデュースのオリジナルブランドです。
店舗は都内にしかないと思いますが、私が可愛がってもらっているお姉さんからテレビショッピングの放送を教えてもらって(渡辺サブロオさんご本人が商品を使いながらモデルさんにメイクをしています)、通販で購入可能ということを知りました。
昔はPLAZAで売ってたような気がしたんだけどね。

商品紹介の動画はコチラの【動画を見る】ボタンを押すと観られます。
IKKOさんが言っていた位置にブルー(アジュール)を入れているわけではないのですが、大きめブラシでささっと色を乗せると目元にすごく透明感が出ていて素敵でしたラブラブ
お時間があれば観てみてくださいませ♪
(商品紹介の方がちょっとうるさい感じですが汗


番組で紹介されていたブラシなんですが、私はこの放送日は最後の方しか観ていなかったので細かいことは分からないんですポロリ
しかし、パリのセフォラでの商品紹介だったと思うので、日本のブランドではないかもしれませんね。
セフォラは数年前(いやもっと前?)に日本にもあったんですが、撤退しちゃったんですよねー。
ちなみに現在私が愛用しているメイクボックス(プロ仕様)はセフォラで購入したものでラブ

このハイライトを入れる時に使うブラシは、見た感じナイロン製じゃないかな…と思われる平筆。
触っていないので見た目での予想ですが、コンシーラーブラシを大きくしたようなコシのある平たく毛先が丸くなっているブラシでした。

ふんわりした筆だと、余計なところまでパウダーが乗ってしまう為、乗せたい場所にピンポイントで色を乗せる為に平筆がオススメとのことですひらめき

私は先日の記事でも登場したアナスイのアイカラーブラッシュを使っています。



こんな形状のアイシャドウ用のブラシなんですが、ハイライト用としては小さめブラシであるものの、コシがあって平筆。
色を乗せても淡く綺麗に乗るのでしっかり色を乗せたい時には不便な筆だったりしたんですが(細く色を乗せるには便利♪)、まさにさりげなくハイライトを入れるのに丁度いい感じでした。
持ち手のところがアナスイらしい装飾のあるデザインなので、見た目的にもかわいいです。

また、パウダーパレットのBAさんにもブラシについて聞いてみたんですが、IKKOさんが紹介していたような形状のモノはケサランパサランにないので、ピンポイントにハイライトを入れるならコレdownをオススメしています。
とこちらdownを紹介していただきました。





ケサランパサランのフラットブラシです。
こちらもテレビテレビジョンでみたブラシよりも小振り。
線と面と使えるブラシのようで、お値段もケサランパサランの中ではお手頃の方じゃないでしょうかニコニコ
これは手持ちのブラシと形状が被らないので1本あってもいいな〜と思ってしまったので、買っちゃうかもしれませんイヒヒ

そんな訳で、思ったことをズラズラ〜っと書いてしまいましたが、参考になりましたか?聞き耳を立てる

正直なところ聞いてない話ばかりだったかもしれないけど、全く同じモノを揃えるのも分かりやすくていいと思いますが、代用とか違うアイテムでメイクしてみるのも楽しいものです♪
自分の肌色に合ったものを探すのもいいと思うしねニコニコ

また気が向いたら検索ワード記事書くかもポッ
posted by: Miki | テレビ | 12:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - |